トーキョータクシードライバー 今日の万収!!

50代にして東京23区のタクシードライバーに転身し、これまで経験したマーケティングスキルと酒飲みの勘をたよりに、営収8万円を上げる日々を過ごしています。このブログでは、そんな日々の営業のトピックスとして、「今日の万収!」を掲載して参ります。これからタクシードライバーを目指す方や現役ドライバーの皆様にも、乗車場所や乗車時間などのヒントになればと思います。

カテゴリ:今日の万収! > 六本木

平成が終わり、新しい時代の幕開けとなる『令和』が始まった。夜の街は活気づき、多くの若者で賑わいを見せていた。『令和』最初の万収は六本木から。深夜3時を過ぎ、人もまばらになった六本木。空車のタクシーも少なくなり、ベストポジションで付け待ち。前のタクシーに数人 ...

乗禁前のチャンスは、北浦和の『神』に助けられたが、銀座の乗禁エリア外では、ミドルが続く。いよいよ乗禁明けとなり、どこからアプローチするか考えたところ、数寄屋橋に決定。3分前に到着し、カウントダウン。万全を整え、アプローチしたが、前を走る個タクに絶好のチャン ...

六本木までお客様をお送りし、次のお客様を求め、グランドハイアットに向かうと正面の飲食店から呼ばれ、Uターン!お店の中から、3名の男女がご乗車。「ご乗車、ありがとうございます。」「調布までお願いします。」いきなり、万収か!「○○くん、ちゃんとナビしてよ!」と ...

深夜3時の六本木。お盆休み最中なのか、通常の金曜日なのか、多くの若者で溢れている。飯倉片町からロアビルまで流してみると、交差点で数名の若者から手が挙がった。「じゃ、先に帰るよ!」と男前のお姉さま。「今日はありがとうございました。失礼しますっ」と男の子たちが ...

西麻布でお乗せした女性が、六本木交差点をご指示。大勢のお客様でごった返している繁華街では、いわゆるショート、3ケタのお客様として、ドライバーにはがっかりされがちであるが、僕はこのような方を『エンジェル』と呼んでいる。なぜなら、『エンジェル』がここに連れて来 ...

↑このページのトップヘ