銀座最短の記録。
今まで多くの銀座のお客様をお送りしてきたが、今までの最短記録は、
新橋駅でした。(近くの駅と言われたが銀座駅は終電がなかったので、
新橋駅になった経緯です。)(笑)
それが、こんな形で記録を塗り替えるとは予測していなかったが、
とある路地でボーイさんから手が上がり、その店の前まで行くと、
大勢のお姉さんに連れられたお爺様がお姉さんと一緒に乗り込み、
ボーイさんの案内で、コリドー街へ。

「じゃ、ここでお願いします。」
「えっ、ここまででいいんですか?」
「釣りはいいから、とっておいて。」
心の中では、こんなふざけた使い方をされたことに憤慨したが、
「ありがとうございます。」
最短記録達成!!

嫌なことの後には、いいことがある。

気を取り直し、再度トライ!
すると、前のタクシーにお取引先の方をお送りする紳士を発見。
キター――年齢層も、余裕のある感じも、モロにターゲット!

すかさず、近くに行き、スライドドアを開ける。
右側からもお客様が近づいて来たが、手で合図。
こういう時に白い手袋の威力が発揮される。

その余裕のある紳士は、傘を差しながら、前のタクシーを見送って
いたが、お姉さんに誘われ、私のジャパンタクシーに乗り込んだ。

「ご乗車、ありがとうございます。」
「ありがとう。結構降って来たね。」
「そうですね。30分ぐらい前から本降りになって来ました。」
「少し遠いけど、大丈夫?」
「もちろん、大丈夫です。名古屋までなら往復できます。」
「ふふっ、そんなに遠くないけど、横浜までお願いします。」
「はい、畏まりました。どちらのインターまで行きますか?」
「東名で横浜町田まで、お願いします。」
「はい、では、霞が関から首都高で、東名横浜町田まで参ります。」
路地の渋滞やタクシー待ちの人々を掻い潜り、国会通りから、
霞が関ランプへ爆走。
緑園
途中の信号待ちで、ご住所を伺い、ナビに入力。
この時間帯、お客様が寝てしまった時の保険になる。

雨が激しくなってきたので、安全速度で首都高を走る。
最近は、横浜青葉までのお客様が多かったので、横浜町田まで
行くのは久しぶりだ。

横浜町田もバイパスが整備され、大きく様変わりしていた。
ナビに従い、パイパスを経由して緑園都市まで。

嫌なことの後には、いいことがある。
まさに、この格言を実践できたご乗車となりました。


乗車時間:午前2時04分~3時11分
乗車場所:銀座8丁目
降車場所:横浜市泉区
料金:18,400円(ETC1,150円)


【PR】
『稼げるタクシードライバーになるためのシークレットポイント』
『今日も万収!』


『年度末謝恩キャンペーン』のダイレクト販売はこちら!

今日も万収


【ドライバーランキングにもご協力ください】

 
ぽちっと、ワンクリックしてね!!