お盆休みの最終日となる日曜日の深夜。
さすがの眠らない街、新宿も人はまばらだった。

いつもの定位置にて、深夜2時からお客様を待っていた
ところ、30分ほど経過し、お客様が2人で現れた。

前のジャパンタクシーにひとり、そして、私のクルマに
もう一人が乗り込んだ。
「錦糸町まで。高速で!」
「はい、畏まりました。外苑から錦糸町まで高速で参ります。」
ん~、ミドル確定。前のお客様は、どこまで??

お客様が少ない日曜日。乗ってくれただけでありがたいと
思わないといけないと自分を戒めた。

道はガラガラなので、数分で外苑まで来たとき、お客様の携帯
に着信が入った。
悪魔のささやきと思われる電話は、お客様を翻弄した。
前のクルマが外苑ランプに入り、私のクルマも入ろうとした
約50メートル手前で、
「運転手さん、悪いんだけど、歌舞伎町に戻って!」
え~、30分待って、せっかく乗っていただいたのに~
冷静を装って、
「はい、畏まりました。」 前のお客様はどこだったの~!!

左ウィンカーを右ウィンカーに切り替え、歌舞伎町の風林会館
へと戻った。
そして、大切なお客様を降ろし、坂を上ったところで、多くの
女性に囲まれた紳士から手が挙がった。
松戸
「ご乗車、ありがとうございます。」
「松戸まで、お願い!チケットをもらったんで、最速で!」
おっと、万収、確定!!

『捨てる神あれば、拾う神あり。』とはこのことだ!

「はい、畏まりました。それでは、通常、四つ木まで高速で、
そのあと国道6号で帰っていらっしゃると思いますが、外環の
松戸インターでお帰りになりますか?」
「いいねぇ~、いつもは高速代入れて1万2千円ぐらいなんで、
どのくらい高くなるか、行ってみよ~。」
「ありがとうございます。それでは、外苑ランプから7号線で
京葉ジャンクション経由、外環松戸インターまで参ります。」

さっきまでの暗い気持ちは吹き飛び、アドレナリンが体中を
漲った。一方、頭の中では、まだ走ったことのない京葉ジャン
クションから外環ルートへの不安がよぎった。

さっきの道を戻る形で、再度、外苑ランプに向かい、今度は
無事に首都高に入ることができた。(笑)

首都高7号線までは当然ながら順調。
問題の京葉ジャンクションも無難に切り抜けた。
最新の高速はとにかく気持ちがいい。ふかふかのカーペット
の上を走っているみたいだ!

難なく松戸インターを出て、お客様を送り届けた。
「ありがとうございます。1万4280円でございます。」
「いやー早かったね~。ちょっと回るから、あまり変わらない
かと思ったけど、料金は2割増し、時間は2割引きって感じかな。」
「そうですね。お急ぎの時はご利用ください。」
「舗装の継ぎ目もなく、新しい道はいいね。」
「ありがとうございました!」

乗車時間:午前3時06分~3時43分
乗車場所:歌舞伎町
降車場所:松戸
料金:13,210円(ETC1,070円)


【PR】
稼げるタクシードライバーになれるエリアマッピングマニュアル、絶賛販売中!
営収8万円を稼ぐ現役ドライバーのシークレットポイントはこちらから!! 
目次


【ドライバーランキングにもご協力ください】
 
ぽちっと、ワンクリックしてね!!